あなたの中国語をネイティブが添削!無料で文章力がアップ

無料中国語添削Lang-8

中国語で文章を書いていて、表現方法が合っているのか、不安になることは良くあります。

中国語ネイティブの友人や知り合いがいれば、間違っていないか確認してもらうことが出来ますが、そういった環境ない方は、「Lang-8」を利用すると、中国語ネイティブの方が、無料で添削してくます。

無料中国語添削Lang-8
「Lang-8」は、ただの添削サービスでなく、相互添削サービスです。英語を勉強されている方には有名なサイトですね。

中国語の添削にも対応しています

中国語ネイティブの方に自分が書いた文章を添削してもらったら、お返しに、日本語を勉強してる方の書いた日本語を添削して、会員同士助けあうシステムになっています。

2014年10月で登録会員数100万人を突破し、会員が増えるほど添削してもらえる人が増えますので、サービスが益々充実していきますね。

人気の添削サービスLang-8は、外国の方の会員が多いため、海外発サービスかと思いきやなんと、日本人の方が作ったサービスです。

そのため、添削方法も非常にシンプルで使いやすいく、説明を読まなくてもすぐに使える感じです。ログインもTwitterやFacebookのアカウントで出来ます。他の会員方ともSNS機能を使って交流ができるので、楽しみながら中国語力をアップ出来ます。

自分の中国を添削してもらいたくて始める方が多いのですが、日本語添削するのも
面白くて結構ハマるようです。

あなたが先生に、あなたが生徒になる助け合いシステム

生徒が先生になったり、先生が生徒になったり、お互いの得意分野で助け合うシステムになっています。

良いことだらけのSNS Lang-8ですが、少しだけ利用するには、注意が必要です。

語学学習サイトLang-8を使うとデメリットがあるのか

添削者は、ネイティブの方ですが、添削内容が正確でない場合もあります。私は、日本語を母国語としていますが、自分の書く文章の文法が100%正確であるかというと、そうではありません。
ネイティブでも正確な文法を使って文章を書くわけではないので、添削内容が間違っていることもあります。

あと、SNS特徴として、メンバー同士の交流が出来るため、トラブルがあることもあるようです。インターネットサービスを使う常識の範囲内のことですので問題ないと思います。

中国語を添削してもらうには3つのコツがあります

最初は、日本語をどんどん添削する

添削するとポイントが貯まり自分が添削してもらうときに上位表示にされるようになり、目立つため添削されやすくなります。

添削してくれる友達を増やす

添削してもらったら、友達申請をして添削してくれる仲間を増やしましょう。友達同士のエントリーは上の方の表示されるようになります。

投稿する文章は適度な長さにする

添削してもらう文章の長さは重要です。短すぎる簡単なものは、辞書で調べたらって気になりますし、長すぎる文章は、面倒だなと思われます。自分が日本語添削するときに、嫌だな、面倒だなと感じたエントリーと同じことを止めるだけで添削されるようになります。

自分が添削するときに選ぶ基準をもとに、考えながら投稿しましょう。

Lang-8を使わないと本当にもったいない

勉強している言語を使う現地いない場合、覚えた言葉をアウトプット出来る機会は非常に少ないです。それを可能したLang-8を使わないのは、本当にもったいないです。

新しい交流も生まれるので、モチベーションも保つことが出来ます。

勉強というより、息抜きの感じで始めると楽しめて長続きします。
まだ試していない方は、一度お試しを!

今回の中国語勉強方法の評価は?
  • 難しさ - 2/10
    2/10
  • 楽しさ - 8/10
    8/10
  • 続けやすさ - 8/10
    8/10

勉強方法について口コミ

SNSということもあり、他の人のコミュニケーションが大切です。
先に、日本語添削をしっかりしていると、自分が書いた中国語も添削してくれるようになっていきます。
日本語添削が意外と楽しく、中国語を始めるまえに、そっちにハマってしまう方も多いようです。
日本発信でこのようなグローバルなサービスが出来るのですね。

6/10

公式サイトで、今すぐ確認してみましょう!

公式サイトへ移動

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>